肌トラブルを救うのは簡単だった!ちょっとした工夫で改善できるシンプルケアとは?!

>

保湿アイテムは仕上げに欠かせない重要な役目を果たしていた

うるおい成分は保湿アイテムで閉じ込めて!

蓋をするアイテムはいろんなものがあります。

ミルクは気温が高くなりやすい春や夏にはピッタリ!
べたつくのが苦手な人やニキビ肌の人もしっかり馴染ませてあげることで蓋としての役目をしっかり果たしてくれます。

クリームは気温が低く気候も乾燥しやすい秋・冬におすすめ。
筋肉運動が盛んな目元・口元には重ね塗りやパックをしてあげると乾燥トラブルも軽減されますよ。

他にも美容オイルも同様、肌の状態に合ったアイテムを使い分けて労ってください。


ここで重要なのは化粧水と同じように毛穴の向きに合わせて馴染ませること。
ただ塗っただけでは成分の分子が毛穴よりも大きいため、浸透しにくいままになってしまうので、一手間加えてあげましょう。
それだけで仕上がりが変わってくるので、実践してみてください。

仕上げに「マッサージ」をすると…

仕上げの保湿アイテムはしっとりしてくれるので、浸透しやすくするためにもついでにマッサージをすると小顔効果が得られたりと、血行を促進させてくれる嬉しいことがたくさんあります。

血行が悪いと顔色が悪く見えたり、美容成分の浸透もイマイチ。
肌が硬くなるので、表情筋の疲れも溜まりやすくいつも疲れた顔になってしまいます。

マッサージでほぐしてあげることでふっくら柔らかい肌になってメイクも映えますし、若々しい表情を実現しやすくなります。
この工程はフェイシャルエステと似たような効果があります。

ちょっと面倒に思えることかもしれませんが、毎日コツコツ、工夫を重ねていくことで周りとの差は付きますし肌悩みが減っていきます。

ぜひ習慣付けてみてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る