肌トラブルを救うのは簡単だった!ちょっとした工夫で改善できるシンプルケアとは?!

>

美肌とは、潤い、キメ・ツヤ、ハリ、透明感がある肌のこと

アイテムの成分より「洗い方」が重要だった

まず洗顔するときはクレンジングから。
クレンジングはメイクをした時だけというイメージがありますが、実は毛穴汚れを落としたいときにもクレンジングは使えます。
ノーメイクのときに使う場合でも毛穴パック等がいらなくなるのでおすすめです。

使い方はそれぞれのアイテムのパッケージに書かれた適量を使いましょう。
この量が少ないと摩擦が起きて肌表面を傷つけることもありますし、逆に多いと洗い残しになる場合があるので注意してください。

クレンジングを肌につけるときは指先ではなく手のひら・指の腹を使ってクルクルとマッサージするイメージで力を使わないで優しく肌に馴染ませます。
この時、20〜30秒洗いましょう。
だいたい20秒を過ぎると表面がツルっとして指通りがスムーズになるのを実感できると思います。

その後にお水をかけるときには20〜30回かけましょう。

たったこれだけの一工夫で肌・毛穴についた汚れが取れていきます。

それでも改善しなかったら「水洗顔」を!

敏感肌の場合、いくら肌に優しいアイテムを使っても肌に負荷がかかっていることもあります。
そんな時はメイク落としをしない朝の洗顔は「水洗顔」をしてみてください。

方法はクレンジングや洗顔を洗いがなすときと一緒。
極力肌に手が触れないように水を20〜30回かけて洗い流してください。
すると驚くことに水の力だけで表面の汚れが取れていきます。

この洗い方を朝だけでも続けると1、2週間ほどで肌が変わって行きます。

スキンケアはアイテムを重視するよりも使い方がポイント。
せっかく美容成分がしっかり含まれたアイテムを使っても肌を傷つけるようなケア方法では結果は良くなりません。
肌は繊細で傷付きやすいので、優しく時間もかけないと本来持っている力を発揮できなくなるので、何をしてもダメな時は水洗顔で肌自身の力を引き出してあげましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る